« マカビ・テルアビブ@LAクリッパーズ | トップページ | リング・セレモニー »

2009年10月23日 (金)

一歩ずつ

P1280670s  10/20のマカビ・エレクトラ・テルアビブ@LAクリッパーズの試合後、ドロン・パーキンズに話を聞いた。2006年7月、ロングビーチで行われたサマーリーグのときに話を聞いて以来、3年ぶり、2回目だ。「サマーリーグのときに取材させてもらった…」と言うと、すぐに、「あぁ、あのときの」と思い出してくれた。

 2005-06シーズンにJBLのトヨタ・アルバルクでプレーしたパーキンズは、そのシーズンのアルバルク優勝に大きく貢献、リーグMVPに選ばれた。日本にいたのは1シーズンだけだったとは言うものの、その短い間に日本のファンに強い印象を残した、と聞いている(私自身はトヨタでのドロンを取材したことはないので、人から聞いた評価です)。
 そしてドロンにとってもまた、次の舞台に進むための大事なシーズンとなった。JBLで圧倒的な活躍を見せたので忘れがちだけれど、日本に来たときのドロンは大学(サンタクララ大)を出たばかり、つまりプロ1年目のシーズンだったのだ。

「プロになって最初の年に日本でスタートを切れたことは僕にとってすばらしい状況だった。あれから4年たって、1年目というのがどれだけ大変なのかがわかってきたけれど、日本では他ではないぐらい面倒を見てもらったのでやりやすかった。あのシーズンがあったから、今の成功もあるのだと思う」

 トヨタを離れたその夏にLAレイカーズの一員としてサマーリーグに出場するも、NBAロスター入りはならず、2006-07シーズンはドイツのEWEバスケッツ・オルデンバーグ、翌2007-08シーズンはベルギーのユーフォニー・ブリー、そして2008-09シーズンはイスラエルのマカビ・ハイファ・ヒートと、毎年チームを移り渡ってプレーしてきた。JBLでのMVPに続き、ベルギーでも、イスラエルでもMVPを取っているのだから、クビになったのではなく、自分で少しでもキャリアアップし、さらに活躍できる場を求めた結果の渡り鳥だったのだろう。今シーズンはイスラエル国内で移籍、ユーロリーグにも参戦していて、ヨーロッパのトップチームのひとつ、マカビ・エレクトラ・テルアビブに移った。

「baby step(小さな一歩)だけれど、少しずつ前に進んでいる。僕はこれまでずっと戦ってきたんだ。アラスカの小さい高校からジュニアカレッジに行き、そこから小さい大学(WCCのサンタクララ大。スティーブ・ナッシュの後輩)に行った。小さいステップだけど、少しずつ前に進んでいる。楽しんでやれているし、恵まれていると思う。今シーズンは初めてユーロリーグでプレーできるので、それが楽しみ」

 クリッパーズ戦では、33分30秒出場し、16点(FG 6/11, FT 4/6)、10アシスト、12リバウンド、5スティールと大活躍。
「バロン・デイビスを相手にプレーできるなんて、滅多にできることじゃないから、それが一番嬉しかった」とのこと。

 NBAの人たちに、自分もこのレベルでプレーできることを証明したいという気持ちもあったのかと聞くと、「3年ぐらい前の若いときだったらそう考えたかもしれないけれど、今はもう、そうは考えなくなった」ときっぱり否定。NBAに入りたいというよりは、少しでも自分にとっていい環境で、力を発揮できるチーム、リーグでプレーしたいとの気持ちが強いようだ。
「(NBA入りは)いいタイミングで、いい状況で実現するなら入りたいとは思うけれど、今はこの状況に満足している。海外のトップチームの一つでプレーできるのだから、NBA以外で考えればこれ以上の状況はない。いい環境だし楽しい。控えから出てきて、チームにエネルギーを与えるという、とてもやりがいがある役割を与えられている。
 もちろん自分を証明したいし、何ができるかを見せたいという気持ちはあるし、NBAに入れたらすばらしいと思うけれど、NBAだったら最初からまた証明しなくてはいけないし、それがいい状況になるかどうかはわからないからね」

 ちなみに、アルバルク時代のチームメイトのうち、チャールズ・オバノンや高橋マイケルとは今もまだ時々連絡を取っていて、いっしょにNBAのファンタジー・バスケットボールをやっているらしい。トヨタ時代からやっていて、その時は2度優勝したものの、昨シーズンはインターネットにあまり繋がなかったこともあって、成績も悪く、誰が優勝したのかすら知らないのだとか。
「でも、今年はまた復活する。優勝するよ」

 5分ほど、そんな話を聞いて、「じゃ、またそのうち、どこかで」と言って別れた。次に会うのは、どこの街、どのリーグ、どの会場になるだろうか。

 

|

« マカビ・テルアビブ@LAクリッパーズ | トップページ | リング・セレモニー »

コメント

こんにちわ。以前ラプターズの質問をさせてもらいましたhjです。

ドロン・パーキンスこんなところにいたんですね。トヨタにいた当時の試合を何度か観た事がありますが確かに衝撃的でした。元々JBLはあまり興味がなかったんですが、彼のおかげでそれ以来チェックするようになりました。

JBLには外国人枠があるのでほとんどのチームがその選手枠をゴール下で戦う選手にあてていたイメージがあったけど、自分が生で観た中では彼が最初のPGでプレイしていた外国人でした。身体能力もスキルも高くてすごい選手が日本にきたなーって思っていましたが、順調にキャリアを積んでいるんですね。マッカビというと、去年カルロス・アローヨがいたチームですかね?

ところでそんなJBLに対する質問があるんですが笑 話だと日本の選手では折茂さんの年棒が4000万、田臥さんが5000万という予測らしいんですが、これだけもらえる日本人は稀ですよね?しかし北米で過ごしていた人からすると極東アジアに行くというのは興味がない限りあまり乗り気にはならないようで。プレイヤーとして考えると他の国よりケアがしっかりしてるみたいですが、外国人が日本に来ようと思えるそれだけの契約金が支払われていると思うんですがそれって大体どのくらいなのでしょうか?JBLのことは仕事の範囲外かもしれませんがもし知っていたら教えてくれると嬉しいです。

ちなみにNBADLの契約金のことも時間があれば教えて下さい。

投稿: hj | 2009年10月24日 (土) 06時00分

>hjさん

>マッカビというと、去年カルロス・アローヨがいたチームですかね?

ドロン・パーキンズが今シーズン所属しているほうのマカビ(テルアビブ)ならそうですね。←紛らわしいのだけれど、彼が昨シーズン所属していたチームもマカビ(ハイファ)なのです。テルアビブのほうが、ユーロリーグにも参戦しているエリートチーム。ハイファも昨季、テルアビブと国内リーグ決勝を戦ったというからそこそこ強いようですけれど、ユーロリーグには参戦していません。

>外国人が日本に来ようと思えるそれだけの契約金が支払われていると思うんですがそれって大体どのくらいなのでしょうか?

少し前に聞いた話では、上限が決まっていて18万ドル/シーズン(+ボーナス。さらに家や航空券などはまた別)だとか。チームによって予算があるので全員が上限の額をもらっているわけではないでしょうが、それでもヨーロッパの一部トップチームを除けば、それほど見劣りする額ではないだろうと思います。しかも、遅れることなくきちんと支払いが行われたり、治安がよかったり、試合数が少なかったり(少しずつ増えていますが)といった環境面でのプラスもあるので、意外と日本でプレーしたいと思っているアメリカ人選手はたくさんいます(アメリカのマイナーリーグでプレーしたり、サマーリーグでプレーしていた日本人選手たちにアメリカ人チームメイトたちが熱心に売り込むぐらい)。

>ちなみにNBADLの契約金のことも時間があれば教えて下さい。

2シーズンほど前の数字ですが、契約レベルが一番上でも25,000ドル/シーズンとかなり低いです。NBAからコールアップされる可能性があると思えるからこそ我慢できる額です。

投稿: 陽子 | 2009年10月25日 (日) 01時10分

解答ありがとうございます。

具体的な額を知るとNBADLでプレイしてる多くの選手の生活が不安になりますね。。皆コールアップを目指して死にものぐるいなのがわかります。中にはガードなのに下のポジションで戦わなくてはいけない選手もいるという話ですが、そう考えると控えのガードというNBAに行った時に求められる役割でプレイできていた田臥選手は恵まれていた方なのかもしれないですね。。。

JBLに留まる外国人選手が多い理由もわかってすっきりしました。雑誌などではなかなかそういった細かい所を知る事ができませんが、知りたい人はたくさんいると思うのでここはとても貴重な場所だと思います!w

個人的に今シーズンNBAにJ.Willとアローヨが戻って来てくれて嬉しいです。願わくばボイキンスもイタリアから戻って来て欲しいんですが。。。

また何かあったらよろしくお願いします。

投稿: hj | 2009年10月25日 (日) 07時50分

念のために補足ですが、きのうのコメントに書いたのはJBLの外国人選手1人あたりの額です。

投稿: 陽子 | 2009年10月25日 (日) 19時03分

>ドロン・パーキンス
あのパーキンスは今、、、さらにはそれらを取りまく状況は
そんなことになっていたのですね(興味深く読ませていただきました)
私がTVで見た試合では、最初パーキンスが1番ポジションで
、2番が棟方さん(現HC)で 途中点が取れなくなってくると
ポジションをチェンジして攻めてくる、、、といった具合
でしたが、印象としては、非常にボールを持っている時間が
長く、正直(1年目ながら)"トヨタは彼のチーム"なんじゃないか?
と思ったくらい衝撃的でした。

>ZIP FM
本日も番組出演お疲れ様でした。(笑)
先月の「MJらしい殿堂入りスピーチ」も興味深く楽しいお話
でしたが、今日の「優勝候補5チームプラス注目の
clippers & wizards」も なるほど なるほどと妻と
うなづきつつ楽しく聞かせていただきました。
(小学生の子供たちも楽しみにしていましたが、残念ながら
登校する時間になってしまい しぶしぶ出かけて行きましたが・・・)
というわけで来月はどんな話題を聞けるか今から楽しみに
待っています。(11/23だと祝日なので家族みんなで聞ける
んだけどなぁ…) 

追伸:
今回もDJのコバタクさんのもどかしさが面白いほど伝わってきて
面白かったです。
(コバタクさん本人としてはもっとコアでディープな話も
陽子さんから聞きだしたいのだけれど、一般リスナーのために
できるだけ理解しやすい内容にせねばいかんし、
圧倒的に時間も限られてるし…と ムズムズしてるのが
感じられて、個人的にはとても可笑しかったです^^)

投稿: chamomileの父親 | 2009年10月25日 (日) 22時41分

>chamomileの父親さん

>ZIP FM

早速の感想、ありがとうございます。
いつもはもうチームや選手を絞って話すのですけれど、今回は開幕直前なのでシーズンのプレビューをしましょう、ということになっていましたので、私のほうも細かい話に突っ込みそうになるのを我慢しながら話してました。そういえば、本当は最後にコバタクさんのお気に入りのブレイザーズの話もするはずだったのですが、そこまでも到達せずでした。オデンの名前をコバタクさんが出したときに、もう少し突っ込めばよかったと気づいたのは電話を切ったあとでした(笑)

>11/23だと祝日なので家族みんなで聞けるんだけどなぁ…

まだ確定はしていませんが、第4月曜前後ということになっているので、その日になる可能性が高いかな。

#今、掲示板のほうにも速報として書いたところですが、番組でも話したクリッパーズのブレイク・グリフィンが膝蓋骨の疲労骨折のために最大6週間欠場とのプレスリリースが届きました。彼がどうクリッパーズを変えていくかが楽しみだったのですが、少し先延ばしになりました。残念。

投稿: 陽子 | 2009年10月26日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/46568877

この記事へのトラックバック一覧です: 一歩ずつ:

« マカビ・テルアビブ@LAクリッパーズ | トップページ | リング・セレモニー »