« プライドとホンネ | トップページ | ランクイン »

2009年11月28日 (土)

シンデレラ?

 本題の前に。トップページや掲示板にも書いてますが、twitterでの発信を始めました。ブログの右にも最新のエントリー3つを表示していますが、短い文章なので、連続して4つ以上書き込んでいることもあります。もっと見たいという方はtwitterのサイトで見てくださいね。

* * *

P1280819s  伊藤大司選手が所属するポートランド大が、11/26からアナハイムで行われているホリデー・トーナメントのひとつ、"76 Classic"でメジャー・カンファレンスのチームや全米25にランク入りしているチーム相手に連勝し、NCAAファンや関係者から注目を集めている。何しろ、1回戦では今季の戦力はダウンしているとは言うものの、準地元の名門UCLAに74-47の圧勝(メディアの中からは「"massacre"(虐殺)だ」との声もあったほど圧倒していた)、2回戦(準決勝)ではESPN/USA Todayランキングで18位、APランキングで22位のミネソタ大相手に試合開始から終始リードを取り、61-56の勝利をあげたのだ。大会前週にPAC10のオレゴン大にも勝利していて、これでシーズン開幕から5連勝。全米的にはあまり知られていない無名のポートランド大の金星に、早くも「シンデレラチーム」と評する声も出ている(個人的には、シーズン序盤のこの時期に「シンデレラ」の称号は早すぎると思うのだけれど)。

 面白いのは、まわりのそんな盛り上がりに対して、ポートランド・パイロッツの選手たちが思ったほど浮かれていないこと。もちろん、試合に勝ったことには喜んでいるけれど、その一方で、「勝って当然」と言うような静かな自信が感じられるのだ。決して傲慢なのではなく、ただ単に自分たちのチーム、自分たちのプレー、自分たちがやってきた練習に自信を持っている、という感じ。

 ミネソタ大に勝った後の記者会見でこんな場面があった。ミネソタ大に勝ったことで、月曜に発表する最新版ランキングで全米トップ25入りする可能性が高いことについて聞かれたロビン・スメルダース(#12)、表情を変えることもなく、「それだけのことをしてきたから(ランク入りしても)驚かない」と言ったのだ。これには隣に座っていたTJ・キャンベル(#44)も思わず苦笑していた。でも、これが今のパイロッツの選手たちの本音でもある。その話を伊藤選手にしたところ、彼も笑っていたけれど、でも、それが今のチームのメンタリティだとも言っていた。ランク入りの強豪相手でも勝てるだけの練習をしてきたという自負があるのだ。テレビ放映で映していた試合前のロッカールーム風景でも、エリック・レベノHCが、「きのうのUCLA戦P1090350sの勝利も君たちは自分たちの力で勝ち取った。きょうの試合も、この先のシーズンも自分たちで勝ち取るんだ」とスピーチしていた。
#ちなみにレベノHCはかつてJBLの日本鉱業でもプレーしていたことがある。彼がポートランド大のHCになって今季が4年目。低迷していたチームを4年でこれだけのチームに作り変えた彼の手腕はすばらしい。これだけの結果を出していると、近いうちに強豪校に引き抜かれるんじゃないかな(伊藤選手が卒業する前でなくてよかった)。レベノコーチがチーム作りの哲学などを語っている映像がありましたので、参考まで。

 試合を見ていても、4年生中心の経験豊かなチームらしく、とにかく慌てない。ミネソタ・ゴーファーズ戦では後半が始まってすぐと、試合終了間際に相手に流れがいったと思ったときがあったけれど、どちらのときも自滅することなく、きっちりと入れ返して流れを抑え、呼び戻していた。ベテランのチームだけに、色々なことに対応できるようで、試合中、それまで一度もやったことがないプレーをタイムアウト中の指示だけでこなしたり、それほど練習していなかったというゾーンディフェンスを効果的に使ったり。こういうところで4年間の継続性というのが出てくるんだなぁというのを実感。4シーズン前の、全然勝てないチームから見ていただけに、こんな試合を見ることができたのは感無量。

P1090328s  さて、そんな中でこの2試合、伊藤選手がどんなプレーをしていたのか気になる人も多いですよね。控えポイントガードとしての出場で、 UCLA戦は12分出場、アシストとファウルが1つずつ。ミネソタ戦も12分出場でファウル1つ。スタッツに残るプレーはほとんどしていないのだけれど、スランプだった昨シーズンに比べるとずっといいプレーをしてチームに貢献していた。スタッツで0が並ぶということはターンオーバーも0ということで、これは控えのPGとしては重要。伊藤選手がボールを持っていると見ていても安心できます。3年連続でチームメイトの投票でキャプテンに選ばれているように、チームメイトからの信頼は厚く、リーダーシップは抜群。大学最後のシーズン、NCAAトーナメント出場という目標を達成できるように、彼らしいプレーで悔いのないシーズンを送ってほしい、と思う。 

 76 Classicも明日が最終日。決勝の相手は、ESPN/USA TodayとAPのどちらでも8位にランクインしているウェストバージニア。アメリカでは19時(PST)からESPN2で放映されます。

|

« プライドとホンネ | トップページ | ランクイン »

コメント

Portland、すばらしい活躍ですね!実は見に行くつもりが急用でいけなくなりましたが、できるだけTVで見たりしていました。こうやってTVで見れることがすばらしいですね。そして、こうしてTOP25にランク入りしたチームでプレーした日本人選手、かつチームキャプテンは確か初めてですよね。偉業です!

シーズンは始まったばかり。チームの選手やコーチが言っているように、最終目標に向かってがんばってほしいです。また、終盤にLAに来るときが楽しみです!

ちなみに我がLB StateもUCLAに勝ったのですが、なんだかUCLAが少し心配になってきました。こんなときこそが監督の手腕の見せ所ですね。

ますます楽しみなシーズンです。

ps:ハギンズ監督にも覚えられていたなんて!

投稿: Makoto | 2009年12月 5日 (土) 01時57分

ポートランド大、アナハイムでの準優勝から一転して、この1週間はランク外チームに2連敗。あーあ。これで、明日発表のランキングではランク外に落ちるのが確実に。まぁ、でも目標はランキングに入ることではなく、シーズンの最後にNCAAトーナメント出場権を取ることですからね。きっとこの経験が後からプラスになることもあるでしょう。

UCLAはD・ゴードンも離れることになって、どうなることやら。きょうの試合では、#1のカンザス相手に、負けたもののそこそこの試合をしたようなので、これをきっかけに少し持ち直すかな。

投稿: 陽子 | 2009年12月 7日 (月) 00時20分

初めまして。
今日(もう昨日か)ポートランド大学対アイダホ大学の試合を見てきました。実はこの一週間、ランキング25位の大学とあたるというので、いったいどうなる事かとずっとドキドキしていました。
試合の方はアイダホ大学のガード陣が、厳しいディフェンス(あの伊藤選手が2つもターンオーバーをしてしまうぐらい)で相手のエースガードを完全に押さえ込んで試合を支配していました。まさか20点差もつけて勝つとは思いませんでした。
シンデレラの魔法は解けてしまったのでしょうか?

投稿: Palouse | 2009年12月 7日 (月) 00時42分

>Palouse さん
コメント、ありがとうございます。きのうの試合、見に行かれたんですね。アイダホの留学生の方でしょうか。

試合の終盤だけラジオ中継(インターネット)を聞いていたのですが、ポートランド大、最初から最後までボロボロだったようで…。2週間後には今度はポートランドのホームで試合をするようなので、パイロッツがどれぐらい立て直してくるか、楽しみにしてます。…とPalouseさんはアイダホ応援ですね(笑)。

ポートランドの試合も、シーズン中に何回か全米放映があると思うので、機会があれば、ぜひ、また見てみてくださいね。

投稿: 陽子 | 2009年12月 7日 (月) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/46889024

この記事へのトラックバック一覧です: シンデレラ?:

« プライドとホンネ | トップページ | ランクイン »