« シンデレラ? | トップページ | 昔ライバル、今チームメイト »

2009年12月 1日 (火)

ランクイン

P1090532s 結局、76 Classic決勝戦でポートランド・パイロッツはウェストバージニアに66-84で敗れ、大会優勝はならず。
 それでも、強豪揃いのこの大会で自分たちの試合をできたということ、その結果準優勝になったことはとてもいい経験になったようだ。
 決勝後の記者会見でエリック・レベノHCが言っていた言葉がよかった。
「我々にとって、すばらしいウィークエンドだった。それは結果を元に言っているのではなく、この間に自分たちについて学んだこと、得たことからそう思う。このチームはユニークないいチームだけれど、(シーズンが終わるまでに)特別なチームにしたい」

 大会翌日、11/30に発表になったAPランキングでパイロッツは25位にランクイン、チーム史上初めて1958-59シーズン以来51シーズンぶりにトップ25入りを果たした。
 その夜に伊藤大司選手に電話で話を聞いたのだが、選手たちは初のランクインに浮かれているわけもなく、あくまで目標はWCC(ウェスト・コースト・カンファレンス)トーナメントで優勝してNCAAトーナメントに出ること、という姿勢なのだという。そんなところ、レベノHCの考えが浸透しているチームだなぁと思う。4年生が多いだけに考え方がしっかりしているのかもしれない。

 ところで、上の写真。ウェストバージニア戦が終わった後の両チーム挨拶の一場面。ウェストバージニアのHC、ボブ・ハギンズが、伊藤選手のところで立ち止まり、何やら話しかけていた。何なのかと思って、あとから伊藤選手に聞いたところ、「モントロス・クリスチャン高校の練習を見に行ったときに、君がいたのを覚えているよ」と言われたのだとか。

|

« シンデレラ? | トップページ | 昔ライバル、今チームメイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/46915212

この記事へのトラックバック一覧です: ランクイン:

« シンデレラ? | トップページ | 昔ライバル、今チームメイト »